Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>






qrcode



スウィート・ノベンバー

BlogPeople
TB People
すきなもの、すきなこと、たくさん、めでながら
ラブチェリ*

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.01.25 Saturday | - | - |

カフーを待ちわびて
23:26
原田マハという作家の作品を読んでみたくて手にした一冊。
キュレーターでありながら、作家原田宗典氏の実妹。
学生時代に原田宗典作品を読みあさってたのもあって、興味深く気になって。

物語は沖縄の小さな島を舞台にした作品。
ラブストーリー大賞受賞作ってあったけど、ラブストーリーを感じさせないというか、一人の男性の周りの人間模様が深く、だけど明るく軽やかに描かれています。
淡々と読み進めていったのだけど、後半は自然と涙が溢れてきて、悲しいとかせつないとか、そんな言葉では表現できないような感情でいっぱいでした(なんて言っていいのかよくわかんないや)
悪い人も出てこないし、沖縄という土地がもたらす明るさというか、そんな穏やかな雰囲気に包まれていて、心温まる作品でした。

余談ではありますが、この作品を読んでたのが北海道での旅行中、しかも低気圧真っ只中の雪がどんどん降っている空の下でして、、、窓の外の雪を眺めつつ、心は南の暖かい島へと飛んでいましたわ、なんだか不思議。

原田マハ作品、ほかにも読んでみたくなりました。


JUGEMテーマ:読書

| 2014.01.04 Saturday | 本・書籍 | comments(0) |

メモ、メモ
22:54

久しぶりにコチラのブログを更新。
気まま気まぐれ・・・今年もモロあたしペースでまいります(笑

熱が出るほどではないけど、コンスタントに本は読んでいて、
レビューを書きたいと思いつつ、そんな気力もなく(←ダメじゃん

読んだ本のメモメモ

吉田修一「横道世之介」
青山七恵「やさしいため息」
谷村志穂「おぼろ月」

只今、読書中
吉田修一「キャンセルされた街の案内」


こうやって書くと、たいして読んでない?



関係ないけど、昨夜は眠れなくて、困った。。。
(ココア飲んだのにぃ)
携帯で人の日記を読みまくる。
悲しい夜><


眠れない夜のすごし方って、、、ありますか?





あ、やっぱ読書?^^






JUGEMテーマ:読書
 

| 2010.01.29 Friday | 本・書籍 | comments(2) |

自由?不自由?
22:18

私は自由になりたくて、自分らしく生きたくて、あの家を出たのに
結局、繫がれていなければ生きていけなかった。
そして、複雑に絡めて絡まされた鎖さえ、今は、振り解きたくて、自由になりたくて、
もがいている。

そして、いつか自由になる日が来たとしても、私はまたきっと繫がれていくんだ。

けれど、その繋がりは決して不快な不自由さではなく、自分で勝ち取った不自由さとなり、
その糸が自然とほどけるまで私を縛ってゆくのだろう。
もちろん、心地の良い不自由さのままで。

糸がほどけたら、笑って、風に身を任せられる。
あの日、やさしい風が見せてくれた面影を抱きしめながら。




---------------------------------------------------




読み終わったあと、なんとなく浮かび上がった散文です↑
 
最初、受け入れがたく読み始めた物語だったけれど
だんだん自然と自分の中に入っていったというか
異物だったものが、自分の中で同化していったようなそんな感じです。
まあ、私も元々はそんな異物だったのでしょうけどね(笑

個が己となり、己が人となり・・・そんなイメージが
ひとりの女性の生き方から感じられました。



評価:
金原 ひとみ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,470
(2009-12-25)
コメント:個が己になり、己が人になる・・・そんな感じ。


| 2010.01.29 Friday | 本・書籍 | comments(4) |

広い駐車場での駐車の方がなぜかニガテ^^;;;
16:32
車の運転が好き。
助手席もいいけど、
自分でハンドルを操っているのはなんだか自由になれる気がして。

…と言っても運転が上手い訳ではない。
縦列駐車が一発で決まったら、その日はすごくラッキー…みたいな(笑)

それに車についてはあまり詳しくないし。
ただの運転(ドライブ)好きかな?

しかし、この本を読んで、久しぶりにマニュアル車に乗りたくなっちゃった。
ふふん、免許をとって最初はマニュアル車に乗ってたのだよ、私。
その車で鹿児島まで行ったし(友達と運転交代しながらだけど)
でもぉ、長い歳月は悲しいかな、感覚を鈍らせ、
いや、奪い去って…きっとエンストのオンパレードだ( ̄口 ̄)

あ、ちなみにタイトルですが、
狭くてカツカツな場所の方が一発でキレイに駐車できるわたし。
広いとね、なぜかクルマがまっすぐにならないのよね。。。
『ココロが曲がってるから・・・』
いつもひとり呟いてます><



JUGEMテーマ:読書
 
評価:
絲山 秋子
二玄社
¥ 1,260
(2005-06)
コメント:ドライブに行きたくなります。


| 2009.12.08 Tuesday | 本・書籍 | comments(2) |

ヘヴン
19:26
『苛められ、暴力をふるわれ、なぜ僕はそれに従うことしかできないのだろう』

何が良くて、何が悪いのか
何が正しくて、何が正しくないのか
全ては人の価値観で変わる。
そんな曖昧な価値基準の中で生きていることに少し考えさせられた作品。

「人の立場にたって考えて」
・・・ってよく言うけれど、この言葉にどれだけの力があるのだろう?
理想ではあるし、それを心に留めて生きていくべきだと思う。
けれど、現実は・・・?
人の心って怖い。

ラストがとても印象的。
彼の目の前に広がる美しい景色は、とてもせつなくて、悲しくて、胸がキリキリと痛んだ。


JUGEMテーマ:読書
 
評価:
川上 未映子
講談社
¥ 1,470
(2009-09-02)
コメント:何が正で何が悪なのか?自分の価値基準が揺らいでしまう作品です。


| 2009.09.24 Thursday | 本・書籍 | comments(2) |

写真の撮り方ハンドブック
00:24
久しぶりに仕事で商品撮影をしました。
いつもなら、色々迷って悩んで、コマ数もすごく多く撮るのだけど・・・。
(数打ちゃ当たる・・・みたいな感じ?笑)
きょうは、カメラの設定を頭の中で考えて
「コレ」ってわりと強い意志で(?)撮ったので
コマ数が少ないわりにはそれなりの写真が撮れてました。
我ながら、ビックリ!!

・・・というのも、この本↓を読んでるから。
今まではほとんど感覚的に撮るばかりだったのだけど
やっぱりこのままじゃダメだなぁと。
写真をしっかりやってる友達の影響もあるのだけどね^^

写真のことがひととおりわかります。
しかも、わかりやすい。
技術について、延々と述べてる本とは違って、読みやすいです。
それに写真もたくさんで見て楽しめる教科書って感じ。
 
まあ、知識ばかりを詰め込んでも良い写真が撮れるとは限らないのだけど。
知識と感覚、そして、楽しむキモチがあれば
写真の幅も広がりそうだよね。


JUGEMテーマ:読書
評価:
価格: ¥2,100
ショップ: 楽天ブックス
コメント:写真の基礎がわかりやすく書かれてます。写真集みたいなのも嬉しい。


| 2009.06.12 Friday | 本・書籍 | comments(0) |

落下する夕方
21:53

やっと読みました^^;;;
江國香織好きと言いながら、この作品だけは読めてなかったの。

ゆっくりと失恋していく物語。
あるいはゆっくりとひとりに(自由に)なってゆく過程。



梨香は8年間一緒に暮らした恋人健吾にいきなり別れを告げられる。
原因は女。
しかし、健吾を奪ったその華子と一緒に暮らす羽目になる。
やがて華子の魅力にとりつかれていく梨香。



やっぱり魅力的なのは華子の身軽さ、悪く言えば自由奔放・気まぐれだけど・・・
自分に正直であるが故に、自分を追い詰めて、
逃げ続け(精神的な意味で)なければならなかったのは、せつないな。

だけど、ゲームオーバー(自殺)にしてしまうのは、わたし的には許せないというか。
まあ、物語だからね、致し方ないのだけど。


はじめに「やっと読んだ」と書いたけれど
この本を読もうと思ったのがもうかれこれ5年以上も前。
友達になり始めたコが私の江國香織好きを知って、
「読んだよ」
って教えてくれて、感想を色々伝えてくれたのだけど
なんだかうまく対応できなかった私。

今更だけど、「読んだよ」って言ったら、笑われちゃうかな?

「華子さんみたい」
・・・って(笑)

 

評価:
江國 香織
角川書店
¥ 560
(1999-06)
コメント:ゆっくり失恋していく物語


| 2009.06.10 Wednesday | 本・書籍 | comments(0) |

とっておき
17:49
月曜日には週末が恋しくて〜♪@めぐです。
そんな週末を満喫しておりますが
きょうはのんびり土曜日を予定してました。
「なんだ予定ないんじゃん!」
じゃなくて、予定がないのを楽しんでるんだいっ!

週のはじめに今週の休みには何をしようかなって
考えるのが好き。
何か楽しみがあると、今週もがんばろーって気になるでしょ?
そんなときに開くのがこの本↓

とっておきウイークエンド (Siesta! books)
とっておきウイークエンド (Siesta! books)
柳沢 小実

あー、こういう楽しみ方、過ごし方があるんだなぁ・・・
なんて参考にします。
毎週末がとっておきになるために。

さて、明日はお出かけの予定。
のんびりの後はアクティブに。
だけど、天候はイマイチっぽい。。。どうなることやら?


JUGEMテーマ:読書

| 2008.02.23 Saturday | 本・書籍 | comments(6) |

秘すれば花
18:34
東京メトロのCMが好きです。

会いに行こう
思うよりも
待つよりも

宮崎あおいちゃんもかわいいし^^
胸がきゅっとなるのです・・・きゅんラブ

CM見たい方はどうぞ↓
http://www.tokyometro.jp/tokyoheart/cm/index.html

きょう、買った本↓

女性の品格 (PHP新書)
女性の品格 (PHP新書)
坂東 眞理子

カメラ日和 2008年 03月号 [雑誌]
カメラ日和 2008年 03月号 [雑誌]

今更ですが、「女性の品格」
なんというか、やっぱり素敵な女性を目指していたいから。

「秘すれば花」
って、好きな言葉のひとつだし、密かに信条としてるのだけど
この本にも載っていて、ひとりにんまり。

「目は口ほどにものをいい」
・・・そんな女性を目指してますが、メトロのCMのような
行動力も併せ持ったかわいらしい女性でいたいなぁ。

実際は・・・どうなんだか?イヒヒ
ま、目標を持つことは良いことだよね?


カメラ日和は、「シャシンの教科書」
またまた写真撮りたい病がウズウズしてきたりして。
大寒を過ぎて、寒さもまだまだ続くけど
ココロがぽかぽかになる写真を撮っていきたいな。

JUGEMテーマ:読書



| 2008.01.21 Monday | 本・書籍 | comments(6) |

だから、書きたくなるの
22:24

「東京日記 卵一個ぶんのお祝い」の続きにあたる本。
川上さんのエッセイって好きなのよ。
明るくて、微笑ましくて。

思わずクスッてなったり、ニタニタしてしまったり、
そんな本。
一気に読めちゃいました。

そして、この本(「卵一個ぶんの〜」もそうだったんだけど)を読むと
無性に日記を綴りたくなる。
あ、リアル日記ではなく、誰かに読んでもらう日記ね。
チャレンジしてみようかなぁ。
(と言いつつ、すぐ挫折しそうw)

JUGEMテーマ:趣味

| 2007.12.06 Thursday | 本・書籍 | comments(2) |